嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

台湾での旧正月 ~花火~

昨日でお正月休みは終わりだ。そこで旧正月に関する最後のトピック、花火について。

 

爆竹じゃなくて花火?

 

中華圏のお正月といえば『爆竹をガンガン鳴らしてお祝いする』という話は前から聞いていた。魔除けの願いを込めて爆竹を打ち鳴らすのだとか。ということで、大晦日の夜はあちこちから爆竹音が聞こえてくる...ものだと思い、旧正月前からちょっと楽しみにしていた。しかし実際正月を迎えると、イメージしていたものと異なっていた。

まず、爆竹というよりどうも普通の花火をあげていたところが多いようだ。といっても音から判断しているだけなのだが。その花火も、手持ち花火というよりは 2 号玉くらいかな?もうちょい小さいのかな?程度のそこそこな大きさの打ち上げ花火だった。2/9 の夜に、わりと近所で花火をあげているのを見たのだが、住宅街で普通に大きめの花火をあげていて驚いた。

それから打ち上げの時間がまちまちだったことも想像と違った。最もあちこちから花火の音が鳴っていたいたのは大晦日と元旦の夜だったけれど、早くは 2/6 (大晦日前日) から 2/10 (正月三が日) まで毎日ぽつぽつ花火音がしていた。時間帯も、朝 8 時くらいから夜中 2 時過ぎまで。夜中 2 時まで鳴っていた日は
「こんな夜中までどこであげてるんだ。。。」
と思って屋上まで見に行ったところ、大きめの打ち上げ花火が遠くの山裾に見えた。調べたところによると、30 km ほど離れたところからの花火音も聞こえるようなので、この日見た花火もそれくらい遠くであげられていたのかもしれない。

楽しみにしていた爆竹もとい花火だが
「もう少し早い時間に打ち上げてくれれば良いのに...」
と思ったりもした。

f:id:momocotan:20160215150322j:plain

さて、打ち上げ終わった花火だが、翌日道路にそのまま放置されていた笑。