嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

戌の日

既に前の話だが、戌の日の話について書こうと思う。

日本における安産祈願の風習として『戌の日』がある。妊娠 5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻いて神社で安産祈願をするのだ。「犬は多産なのにお産が軽い」ということにあやかっているのだとか。

 

年末年始に日本に帰国した際、ちょうど 5ヶ月目に突入した私は 2016 年最初の戌の日に夫くんとおかあさんと一緒にお参りに行った。東京近郊に住んでいる私たちは、べたに水天宮にお参りした。事前のネット情報によると、休日の戌の日の参拝は非常に混むとのことだったが、お正月明けの平日だったのでそれほど混んでいなかった。受付後、妊婦さんだけ別室に通されて安産祈祷を受ける。その間、一緒に来た夫くんやおかあさんは外で待機。

私が祈祷中、夫くんは水天宮の中を撮影していたらしい。託したカメラを後に確認したところ、こんな河童君の銅像の写真があった。なぜ河童?!笑

f:id:momocotan:20160305204458j:plain

水天宮では、祈祷を申し込むと腹帯の他に護符、お守り、お神酒、狛犬?のキーホルダーみたいな物などもいただける。お神酒の瓶は狛犬?の形をしている。お神酒が可愛かったので、我が家では、他のかわいいモノらと一緒に玄関に飾られている。

ところで、お神酒って最後は飲んでいいのかな...?

f:id:momocotan:20160305235922j:plain

 

さて、戌の日の参拝の話の続き。

水天宮の近所にはマタニティグッズのお店が並んでいる。そのうちの 1 つのお店で、おかあさんに妊婦用の下着、妊娠帯、それからパジャマを買っていただいた。このパジャマ、妊婦&産後ママ用のためにゆったりめで、かつ、授乳口がついているという機能的なもの。お腹が大きくなってからも着れるし、授乳中も着れる。素敵☆