嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

台湾で妊婦検診 5 回目

台湾で 5 回目の妊婦検診は 4 回目の検診から 1 週間後だった。

 

羊水量のチェック

 

最初はいつもと同じように尿検査、体重測定、それからエコー検査。今回のエコー検査ではまず最初に赤ちゃんのポジションチェックが行われた。幸いなことに、うちの子は正常なポジショニングをとっているらしい。つまり逆子ではないとのこと。ほ。
その後はいつも通り赤ちゃんの頭やお腹のサイズから体重の推定がおこなわれた。その結果、なんと体重が 2,000 g を超えていた!おぉぉぉ、おっきくなったね!

普段のエコー検査だとここで終わりなのだが、今回はまだグリグリ調べていた。「なんでかな?」と思ったら、羊水量を検査していたらしい。羊水量は『羊水ポケット』を測定することで体積を推定するらしい。羊水ポケットとは子宮内の赤ちゃんと子宮壁間の空間を指す。この深さを何カ所か測定し最終的な羊水の体積を推定する。この時、羊水ポケットが 1cm 未満だと羊水過少、8cm 以上の場合は羊水過多と見なされる。
検査の最中、技師さんに「パンツが濡れたりすることはありますか?」とか聞かれた。そんなことはなかったため「ないです」と答えた。でも「なぜそんな質問をされるのだろうか?」と思っていたら、検査が終わった後でその理由がわかった。通訳をしてくれていた後輩ちゃんから
「羊水の量が少ないみたいだよ。最終的には先生が判断するみたいだけど。」
と言われたのだ。

カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ ど、どうしよう。。。。。

そう不安になって、問診までの間「羊水が少ない」なんてキーワードで Google 先生で検索してしまった。。しかし、問診では
「羊水の量は平均の下限値ではありますが問題はないですよ。」
とのことだった。ただし
「パンツが濡れたりして羊水が漏れていると思ったらすぐ病院に来るように!」
と言われた。これからは、胎動にも気を配りつつ、尿漏れにも気をつけないといけないということだ。心配で帰宅後に Google 先生に問い合わせると「羊水は増えない」とか書かれているし、不安だなぁ。。。

 

そういえばの検査結果

 

ここで書いたように、4 回目の妊婦検診翌日に受けた糖尿病検査の結果も問診の時に教えてくれた。結果は「問題ありませんよ。」ということだった。

ε-(´∀`*)ホッ

かと思ったら
「でも決して値が低いわけじゃないので、食事、特に糖分の摂取には気をつけてください。」
と言われたしまった。ぐぬぬぬぬぬ。。。運動しよ。。。