嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

妊娠 9 ヶ月目

妊娠 9 ヶ月も折り返し。ここ最近の様子について書こうと思う。

 

お腹ボッコリによる苦労

 

8 ヶ月目後半から徐々にだったのだが、お腹が大きくなってきたため寝づらくなった。妊娠後期になると大きくなった子宮が静脈を圧迫するため横向きで寝ることが勧められている。特に、抱き枕や座布団を使った『シムスの体位』という姿勢が楽だと言われている。

が!私はもともと仰向けで寝ていたため、横向きだと全然寝付けない。。。。

元来『どこでもすぐ寝られる』が私の特技で、夫くんからも「のび太くん」と揶揄されるくらい寝つきもよかったのに...。8 ヶ月目に日本出張に来た際は夫くんに抱きつけば眠れたのだが、ここ最近では夫くんにに抱きつこうが抱き枕を使おうが、へたをすると眠りにつくまで 2-3 時間かかるということもあったりするのだ。

さらに、お腹が大きくなったことによる睡眠への苦労は寝方だけではない。子宮と赤ちゃんが膀胱を圧迫しているため『頻尿』になり、トイレのため夜中に目が覚めてしまって連続して睡眠時間を確保することが難しくなった。睡眠アプリによると、本来私の睡眠は連続して 5-6 時間で深いものだった。しかし最近では 2-3 時間で目が覚めてしまうので、昼間どうしても眠くなってしまうのだった。

 

睡眠以外にもお腹が大きくなったことによる影響がある。それは『かがめない』というこだ。前のめりになるとお腹が圧迫されて苦しくなってしまうのだ。『かがめない』ことによる弊害としての代表は「物を拾えない」「トイレでお尻が拭きづらい(汚くてすいませぬ...)」「地ベタに座るのがしんどい」ということだ。お尻に関しては座ったまま拭くのは辛いため、「一度立ってから拭く」という方法を確立した。お陰で一応なんとかなってはいる。
ところで、お尻が拭きづらい話を先輩にしたところ、
「お相撲さんも自分でお尻が拭けないから、お弟子さんに拭かせてるらしいよー」
と言われてしまった。お相撲さんと一緒なのか......悲しい (;_;) 

 

最近の胎動

 

さて最後に、9 ヶ月目の胎動について。

妊娠 8 ヶ月目にも書いたような「ぐにぃー」「のびー」とする胎動が相変わらずある。お腹の一部だけ硬くなるため夫くんでもわかりやすいようで、
「今ここに『足』あるね!」
とか楽しそうに触っている。

そういえば、産休に入ってママさんと会った時にママさんが私のお腹を触ったところ、うちの子はがっつり動いてくれた。

「あれ?シャイなんじゃなかったっけ??」