嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

師大夜市(台北)

今日は台湾で観光した場所の紹介、第 3 回目。

台北でワークショップがあった時に一緒に参加していた後輩らが夜市に連れていってくれた。今回行ったのは、ワークショップの会場近くにあった師大夜市。地下鉄松山新店線(緑線)台電大楼駅 3 番出口を出て真っ直ぐ東に行ってコンビニを右手に曲がった付近のエリア一帯が師大夜市と呼ばれている。

f:id:momocotan:20160423193352p:plain

 

ファッションと若者の夜市?!

 

師大夜市は屋台というか小さいお店が路地にひしめき合っているような感じだった。これこそ私がイメージしていた夜市!だが、食べ物屋さんというより服屋さんが多かった。100 〜 300 元くらいの安くて可愛い洋服が並んでいた。可愛いかったけれど妊婦にゃ着れないぜ... orz

師大夜市エリア真ん中付近には食べ物屋さんが並んでいた。そこで皆でちょっと腹ごしらえ。「台湾人はみんな好きだから『これ』食べるべきだよ!」といって勧められたのは『牡蠣のオムレツ』。高雄でも食べたやつ。みんなして同じものを頼んでいた。あとおまけなのだが、ご飯を食べたお店には箸の袋ホルダーみたいなものが机の上にあった。見たことがなくて面白いなと思ったので写真にパチリ。

f:id:momocotan:20160423194621p:plain

牡蠣のオムレツを食べたら終わりではない。師大夜市には行列になっているお店が 2 つある。1 つ目は焼き小籠包のお店「許記」(写真左)。 1 個からでも買えるらしいが多く買ったほうがお得な値段設定になっているらしく、私たちのグループは 1 人 2 個づつ、計 12 個買った。ごまがたっぷりかかった焼き小籠包は一口だとちょっと大きめ、二口くらいでいけるかな?くらいのサイズ。できたて熱々だったのでちょっと冷ましてから食べた。

2 つ目は「台湾のメロンパンだよ」と言って連れていかれた「好好味港式菠蘿包」というお店。ここは若い子ばかりが並んでいた。ここの名物は冰火菠蘿包というもの(読めませんが orz)。それにチーズを挟んだものが一番人気ぽかったのでそれを買ってみた(写真右)。見た目は確かにメロンパンみたいだったのだけど、味は揚げパンに近い感じだろうか。できたてのものにチーズを挟むので、ちょっとチーズが溶けていて激ウマだった!でも、ザ・ジャンクフードという感じ。これは太るわぁ...。。。

f:id:momocotan:20160423194641p:plain

近くに薹灣師範大學があるせいなのか、若者向けの洋服屋さんが多いせいなのかわからないが、全体の感想としては「師大夜市は若者が多いなぁ」という印象だった。妊娠が終わったらまた行って可愛い洋服とか見れたらいいなー。