嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

臨月前半戦その 1

臨月前半が終わりに近づいているので、今日は臨月に入ってからのあれやこれやを書こうと思う。

 

引き続き...ひん...

 

まずは体の変化に関すること。

⬆︎でも書いた「お腹が大きくなったことに由来する頻尿」が悪化した。

頻尿になっているのは、お腹が大きくなったこともあるが、最近はお腹の中の赤ちゃんによる攻撃(?!)に起因しているものがある。頻度として多いわけではないのだが、膀胱付近をパンチかひざ蹴りされているように感じことがある。そんな時はいつも
「おふっっ」
となる。ただ、この「おふっ」は赤ちゃんが元気に動いている証拠なのだと思えば我慢もできるのだった(ただし尿意は我慢できないけれど... orz)。

 

睡眠が足りない

 

さて、上記頻尿のおかげ(?)で絶賛睡眠不足である。

頻尿以外にも睡眠不足になる原因がある。一度あることを考えだすと、そのことについてずーっと考えてしまって寝付けないのだ。しかし後者については最近解決法を編み出した。それは「他の情報で頭を満たす」ということだ。1 つのことで頭がいっぱいになって眠れない時は、携帯のニュースサイトを開いて様々なニュースを頭と目に入れまくる。すると、もともと考えていたことから頭が離れていって眠ることができるのだ。
とはいえ、上記どちらのケースでも夜眠れないために昼間眠くなってしまうことが増えた。目の下にクマが常住しているため、「眠れるうちに眠らないと...」と思い眠くなったらなるべく眠るようにしている。ただし、そのせいで「家でやるぞ!」と思っていた仕事が全然進まず、そんな現状に自己嫌悪になったりした。悪循環だ。
しかし先日「臨月に入る頃からエストロゲンというホルモンが増加するため眠りが浅くなり、昼間眠くなる」という記事を見つけた。この記事のお陰で
「ホルモンで眠くなるなら仕方ないか!」
と今では少し割り切れるようになった。自分のことながら、調子がいい奴だ。

 

ホルモンバランスの乱れによる影響

 

妊娠 9 ヶ月頃から現れた体への変化に関して、お腹が大きくなったこと以外にもう 1 つ書きたいことがある。それは顔にできる『シミ』やら『ニキビ』についてだ。

シミは 9 ヶ月目に突入した頃から目の下にでき始めた。妊娠中、女性ホルモンのバランスの乱れにより『妊娠性肝斑』という一過性のシミができやすくなるらしい。とはいえ、ばっちりシミができちゃったりするのは悲しい。加えてそのシミの存在を夫くんにまで指摘されてしまったりした日には、ショックなことこの上なしだった。出産後、女性ホルモンが落ち着けば戻るという説もあるが、お手入れするにこしたことはないと思い、帰国後「シミ消しクリーム」的なものを購入し毎日お手入れしているのだった。

シミと同じく、恐らくホルモンバランスの乱れによるようだが、最近ニキビが現れだした。ニキビは、妊娠初期にひどくなり、中期になり一度落ち着いた。ところが後期、産休に入ってからまたひどくなったのだ。私の場合は顎や鼻にニキビがポツポツ現れている。毎日顔も洗っているしお手入れもちゃんとしているのに...悲しい限りだ。こちらも産後に落ち着いてくれたらいいなぁ...。。。