嫁は海外赴任中

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁は海外赴任中

台湾で単身赴任中(現在育休中@日本)の嫁の生活を書いています。いつか誰かの役に立てれば幸いです。

解析してみた 生後 3→4ヶ月編

『解析してみた』生後 3→4ヶ月。今回も息子くんの睡眠時間について解析した。

⬆︎から引き続き、睡眠時間は 15 分毎の区切りで記録している。

 

夜はたくさん寝る

 

これまで同様、午前(AM:0〜12 時)と午後(PM:12〜24 時)の睡眠時間を比較してみた。午前と午後をまたいで寝ている場合は、長くかぶっている時間帯に含めている。例えば、11〜14 時まで寝ていた場合は「午後に 3 時間寝た」として計算している。ただ、この頃は夜たくさん寝て昼間は比較的起きている生活になっているため、もはや午前と午後での比較はあまり意味がない気もするが、恒例ということで。

まずは頻度分布を調べてみた(下図)。すると、生後 2→3ヶ月の解析同様に午前の睡眠時間のピークが 2 つ出てきた。1 つは 1〜3 時間で、もう 1 つは 7〜9 時間だ。このピークは生後 2→3ヶ月と同じく、短い方が朝起きてから 12 時までの睡眠時間、長い方が夜中から朝方までの睡眠時間に相当している。一方午後は 1〜2 時間のところのピークがきている。
次に平均の睡眠時間を調べてみた。すると、午前 3.6 時間、午後 1.0 時間となった。また、夜の睡眠時間を調べると 5.5 時間となった。生後 2→3ヶ月目と比べると、多少ではあるが平均の睡眠時間が午前 3.4→3.6 時間、午後 1.2→1.0 時間と、前月同様、午前が伸びて午後が短くなった。

f:id:momocotan:20160928092643p:plain

生後 3→4ヶ月目では、昼間、特に午後はほぼ起きていて、その分夜ぐっすり寝てくれるようになった。その結果が頻度分布でも確認できる。夜の睡眠時間は平均では 5.5 時間なのだが、感覚的には 7〜8 時間くらい寝てくれていて、大変助かっている。

 

1日の睡眠時間の変化(ついに!)

 

生後 0→3 ヶ月目までの息子くんの 1 日の平均睡眠時間は 13.5〜13.7 時間とほとんど変わりなかった。だが、生後 3→4ヶ月目では、ついに 1 日の平均睡眠時間に変化が見られ、12.9 時間となった。そこで、生後 0→3 ヶ月目までの睡眠時間の頻度分布を比較してみた。一番上が生後 0 ヶ月で、下へいく毎に各月の結果を表示している。この頻度分布を見ると、月齢が上がる(図では下にいく)につれてピークがくる時間が短くなっている様子が見られる。こうして月毎に比較すると、月齢があがるにつれて少しではあるが睡眠時間が短くなっているのだということがわかる。

f:id:momocotan:20160928101055p:plain

 

まとめ

 

生後 3→4ヶ月目、息子くんは昼間、特に午後はほぼ起きているようになった。昼間たくさん遊んだりして刺激を受けて、その分夜しっかり寝ているのだと思う。この調子で次の月も...と思っていたらどんでん返しがあったのだが、それについてはまた生後 4→5ヶ月編で書くことにする。